おしゃべりな女性はなぜモテない?その理由5つ

2019年10月29日

男性に比べると、女性はおしゃべり好きな生き物です。恋バナ、誰かの噂話、陰口などで盛り上がる女性は多いですよね。しかし、その女性の中でも「段違いでおしゃべり好き」で周りを困らせている人はいませんか?例えば、

  • 複数人で会っている時でも自分の話ばかりする人
  • 人の話を途中でさえぎってまで自分の意見を言おうとする人
  • 人のプライベートな話などに土足で踏み込む人
  • 聞いてもいないのに自分のプライベートや過去について語り出す人

など。複数人の女性が集まると、一人はこういう人がいがちですよね(笑)そして、周りの善人たちが気を遣いまくるという・・・。

同性だとしても少し疎まれてしまいがちな「おしゃべりさん」ですが、この特徴が恋愛によくない影響を及ぼすことが多いです。その理由を解説していきます。

おしゃべりが女性がモテない理由5つ

場を盛り上げてくれることもある「おしゃべりさん」ですが、なぜそういった人は男性にモテにくいのでしょうか?

これ以上「知りたい!」と思わされないから

あなたが人に恋をしている状態を思い浮かべてください。

「あの人、プライベートではどんな過ごし方をしているんだろう?」「これまで彼女いたのかな?」「どんな料理が好きなんだろう?」と、彼のことを知りたくて知りたくてたまらないですよね。

この、好きな人への「探究心」が恋心を加速させると言っても過言ではないのですが、あまりに自分の過去やプライベートについてベラベラ話す人は、興味を持たれるよりも先にジャッジされてしまいます。なぜなら、相手があなたをどんな人か判断するための情報が、すでにたくさん相手の耳に入っているからです。

「ふ〜ん、こういう人なんだ」といつの間にかジャッジされた挙句、「話長い・・・もうお腹いっぱいです・・・」と疎まれてしまう可能性だってあるのです。このせいで無意識に恋愛のチャンスを逃している人は多いです。

男性は基本的に「自分の話を聞いてほしい」から

会社の飲み会を想像してください。・・・その場をいつも盛り上げていたり、メインで話しているのは、基本的に男性社員ではないでしょうか?

そう、男性は女性よりも「目立ちたい」「認められたい」「いいところを見せたい」という気持ちが強いです。なぜなら、太古の昔から男性は「競争」「戦争」といった戦いの世界で生きてきているため、遺伝子レベルで「他人よりも優位に立ちたい」という思いが強いからです。

私の周りでも、こんな例があります。

男性の同期たちは表の顔では「みんなで一緒に成長しような!」なんて聞こえのいいことをいうのですが、少数のメンバーでの飲み会などでは「あいつは終わってるな」「あいつ失敗したらしいよ」と同期の悪口ばかり言うのです。優しいと思っていた同期ですら、ほぼ全員そうでしたから驚きです。無意識なのかもしれませんが、自分以外の男性を蹴落とそうとしてしまうのでしょう。

そんな男性ですから、みんなが集まる場所(特に女性の多い場所)では「自分の武勇伝」や「誰よりもウケる話」を率先してしてしまうのです。

気持ちよく自分の話をしたい男性たちが好感を持つ女性って、どんな女性でしょうか?・・・そう、「話を聞いてくれる女性」です。

なのに、女性がそこで「我先に!」とベラベラ話してしまっては、男性の立場がありません。そうなると、男性は居心地悪く感じてしまうのです。女性の話が面白かったとしても、男性にとっては「こいつ俺より面白いじゃん!でも俺の方が面白い話できるぞ」と、競争相手として認識されてしまう可能性もあります。こうなると恋愛対象として認識してもらうのは難しいです。

「面白い人」認定されてしまうから

仮に、あなたが男性よりもはるかに面白い話ができて、場を盛り上げられる人だったとしましょう。

すると今度は、男性があなたを「お笑い担当」「盛り上げ担当」として認識してしまいやすくなり、より一層恋愛対象から遠ざかってしまいます。

「あいつがいると飲み会盛り上がるんだよな〜!ちょっと呼んでみるか」と、あなたのことをまるで芸人のように扱い始める男性もいます。私の女友達でもこのように扱われてしまった人がいますが、こうなると「ただ面白くてフットワーク軽いだけの女」と思われてしまうので、色々と面倒くさいです。そのうち、飲み会の幹事とかやらされます(笑)

「芸人枠」として認識されてしまうと、その期待に応えようとして、下品な行動をしてしまったり、言わなくてもいいことを言ってしまったりするのでイメージの悪化にもつながってしまいます。

聞きたくない情報も聞かされてしまうから

おしゃべりさんや、先ほどの「芸人枠」として認識されてしまった女性にありがちなのですが、皆さん総じて「余計なことしゃべりすぎ」です。例えば

  • 「これまで〇人と付き合ってきた」という黒歴史
  • 「休日はとにかくだらしなく過ごしている」という幻滅するプライベート
  • 「すっぴんブサイクだから毎日メイクに2時間かけてる」というドン引き裏話
  • 「わたし実は〇〇ちゃん合わないんだよね〜」という友人の悪口
  • 「〇〇ちゃんはもっとこうした方がいい!」という余計なお節介アドバイス

など(笑)飲み会などではその場を盛り上げるためにあの手この手を使ってしまいがちですが、このような話を聞いた男性は、あなたにいいイメージを持つでしょうか?

少なくとも男性は「うわ・・・聞きたくなかったソレ」と、あなたに対してマイナスなイメージを持ってしまうことでしょう。どんなに特定のメンバーとの間だけだったとしても、あなたのマイナスポイントが噂として広まったら終わりです。

気遣いができないと思われるから

そもそも論かもしれませんが、一方的に自分の話ばかりする人って、「あぁ、この子気遣いできないんだな」って思いませんか?男性・女性問わず。

周りにたくさん人がいるのに、あなたの話にうなずいてくれている人がいるのに、そういった人たちのことを軽視して自分の話ばかり展開する。これってものすごく失礼な行為だと思います。当たり前ですが。

よほどあなたのことを大好きで、肯定してくれる人でなければ、おしゃべりさんって煙たがられてしまうと思いますよ。その場では「あなた話しすぎだよ」と指摘してくれませんが、おそらく誰もが「あの子だけしゃべりすぎ・・・」と引いていると思います。

個性や多様性が認められるようになってきた世の中ではありますが、最低限の「協調性」や「傾聴力」も持ち合わせていないと、好感は持たれなくなってしまいます。彼氏なんて欲しくない!孤独でもいい!という方は、別にいいのですが。

おしゃべり女性がモテるための改善策

「いつもしゃべり過ぎって友達に言われるな・・・」
「自覚はなかったけど、ドン引きされる話題を話してたかも・・・」

では、そんなおしゃべり好きな女性がモテるためにはどうしたらよいでしょうか?改善策をお伝えします。

自分の話は40%!人の話を聞くことに専念

恋の始まりとして「一目惚れ」がありますが、よほどの美人さんや個性的な人でないと、一目惚れさせるのは難しいですよね。外見だけで魅力を感じて寄ってくる男性って、質が低い場合も多いですし。

そう、外見だけで人を魅了させる自信のない方は、外見ではない部分で「この人のこともっと知りたい!」と思わせる必要があります。

もっと知りたい!と思わせるには、自分のことをさらけ出さないことが有効です。人が集まる場所では「自分の話は40%しか話さない」と心がけてみてください。そして残りの60%は人の話を聞くことにエネルギーを注ぎます。

なぜなら、自分の話を控えめにして、他人の話を一生懸命聞いている女性には「あの子、人の話をちゃんと聞いていて好感持てるな。あの子自身はいったいどういう子なんだろう?」と、興味を惹かれるからです。そして、人の話をちゃんと聞いている人は、いざ自分が話す番となった時にも注目してもらいやすいです。

「話の背景から結末のオチまで全て話したい・・・」
「この話をしたのなら、あの話もセットでした方が盛り上がる・・・」
「自分の方がウケる話できるのに・・・」

そう思っても、ぐっとこらえて、まずは人の話を聞くことに専念してみてください。そうすることで、あなたの印象がかなり良くなります。

好印象を与えるためには様々なアプローチがありますので、以下のような記事も参考にしてみてくださいね。

話の内容を選ぶ!マイナスイメージを与えない

先ほど挙げたような、黒歴史、幻滅させてしまうプライベート、ドン引きさせてしまう裏話、悪口、余計なお節介アドバイス、下ネタなどは極力言わない・話さない方が良いでしょう。少なくとも、相手に興味を持ってもらうまでは。

「ありのままの自分を知ってもらいたい!」と思うがゆえに、好かれるか嫌われるか紙一重の話題を話してしまう人も多いのですが、そういった話題は付き合ってからで大丈夫です。

特に多くの人が話してしまいやすいのは、「恋愛関係の黒歴史」です。うまくいけば、男性から気を引きやすい話題なのですが、下手すると好かれないどころかドン引きされてしまうので要注意な話題です。

例えば「今まで何人と付き合ったことある?」という話題。多い・少ないの価値観は人それぞれなのですが、あまりに多いと「尻軽女」と思われ、少なすぎると「非モテ」と認識されてしまうので難しいところですよね。年齢にもよりますが、良い印象を与えるためには2〜4人が無難なところかと思います。

「え〜教えな〜い」とその場ではぐらかすことができればいいですが、状況によっては自分以外の全員が暴露して、「みんな教えたんだから、教えてよ〜!」と迫られたりすることもありますよね(笑)

そんな時におすすめなフレーズがあります。3パターンありますのでぜひ参考にしてみてください。

話しすぎはマイナスイメージの原因に。

おしゃべりさんは、言語能力に秀でていて自分のことを表現するのが上手ですが、それが仇となってしまう場面も多くあります。

話す:聞くの割合に気をつけて、余計なことをしゃべらなければぐっと印象がよくなり、今までよりもさらに注目を集めることができますので、ぜひ意識してみてくださいね。